乾燥肌 かゆい足にはクリームを塗るだけで大丈夫?

乾燥によるかゆみの原因

肌は乾燥するとバリア機能が低下していきます。バリア機能の低下した肌は、空気中の汚れや温度差、衣服といった、健康な肌ならなんともないものを刺激として受け取ります。

この刺激によって肌に起こる炎症1つがかゆみです。そしてかゆいからといって掻いてしまうと、かゆみの原因物質であるヒスタミンが誘発され、さらにかゆみを増すという悪循環に陥ります。

すねは人間の体の中でも汗腺が少なく、特に乾燥しやすい部位です。そして掻きやすい場所でもあるため、就寝中に無意識に掻きむしってしまうということもあるようです。

かゆみの悪循環を止めるにはどうしたらいいのでしょうか。

かゆいのが乾燥のせいならクリームを塗ればOK?

保湿クリームで乾燥した肌に潤いを与えることはもちろん必要です。それ以外にも気を付けるべき生活習慣などについて解説します。

入浴法に気を使う

入浴中の肌は、柔らかく無防備な状態になります。そんな肌をごしごしとナイロンの堅いボディタオルにせっけんをつけてこすっていませんか?

これは乾燥肌には最悪です。かゆみが出るほど乾燥しているときは、せっけんもボディソープもボディタオルも使わずに、お湯に浸かるだけのタモリ式入浴法を試してみましょう。

お湯に浸かるだけで肌の汚れはほとんど落ちます。必要な皮脂を残した状態にできますから、乾燥を悪化させません。38℃程度のぬるま湯に10分ほど浸かるだけの入浴法を試してみましょう。

このとき、保湿タイプの入浴剤を使うと、さらに潤いが保たれるのでおすすめです。

保湿に気を使う

入浴後、柔らかいタオルで水分をやさしく拭きとったら、すぐに保湿クリームを塗りましょう。

かゆみがひどい時は、抗ヒスタミン剤などのかゆみ止めが配合されたクリームを使うと、保湿もしながら、スーッとかゆみを鎮めてくれます。

衣服に気を使う

衣服、特に就寝時に着るパジャマや肌着、靴下の素材に気を使いましょう。化繊は、健康な肌には大丈夫でも、乾燥した肌には刺激として感じられることがあります。

コットン100%やリネンなど、肌に優しい素材の衣服を身に付けましょう。

食生活に気を使う

肌の新陳代謝を促し、潤いを保つためには食生活にも気を使ってください。

コラーゲンの生成に必要なビタミンC、血行を促進し新陳代謝を促すビタミンE、皮膚や粘膜を正常に維持してくれるビタミンA、肌のターンオーバーを正常に維持するビタミンB、肌を健康に保つ亜鉛といった、ビタミン類の摂取を心掛けましょう。

最初は難しいかもしれませんが、要は肉も魚も野菜も、バランスよく食べましょうということです。

ストレスに気を使う

ストレスがたまると、肌に悪影響を及ぼす活性酸素が発生します。活性酸素は肌に炎症を起こしたり、老化を加速する、つまり肌の乾燥やかゆみを増す物質です。

また、ストレスはホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバーに影響を及ぼします。ストレスをためないように、リラックスできる時間を作るようにしましょう。

関連記事一覧