乾燥肌でかゆい顔 肌を休ませるシンプルケア

乾燥で顔がかゆくなるのはなぜ?

健康な肌の角質層には、細胞間脂質というセラミドを主とする成分があって、角質内の細胞同士をつなげる接着剤のような役割をしています。

この細胞同士がつながっていることで、肌の水分を守ったり、外部から受ける刺激から肌を守ってくれているのです。これを肌のバリア機能といいます。

乾燥した肌というのは、このバリア機能が低下している状態です。細胞間脂質が減っているので、肌の水分を保持できませんし、外部からのちょっとした刺激もまともに受けてしまって、肌に炎症を起こしたりします。

かゆみが出ている肌というのは、まさにこの状態の肌で、バリア機能の低下によって、空気中の汚れや温度差、花粉といった些細な刺激から肌が守られず、かゆみという炎症になって表れているのです。

乾燥とかゆみの悪循環

乾燥によって肌にかゆみが出ると、無意識のうちに掻いてしまいます。掻くという行為自体が、肌にとってはかなり大きな刺激になります。

ですからさらにバリア機能が低下して乾燥が進み、また掻くことでヒスタミンというかゆみの原因物質を発生させるので余計にかゆくなるという悪循環に陥ってしまいます。

かゆみを感じたら肌を休めよう

乾燥してかゆみが出ている肌はバリア機能がほとんど機能しておらず、非常に無防備な状態です。この状態で新しい刺激を与えると、乾燥が進む可能性があります。

それにバリア機能がここまで低下した肌にいくら潤いを与えても、その肌には保水力がないのですぐに蒸発してしまいます。

乾燥を和らげようとあれこれ新しい化粧品に手を出すのはこの時期は控え、シンプルなスキンケアで肌を休ませてあげましょう。

シンプルなスキンケアって?

ここでは究極のシンプルスキンケアをご紹介します。

出来たらノーメイクで過ごす

女性にとってはなかなか難しいことですが、いつも使っているメイク用品すら肌への刺激になりえます。できたら日中は日焼け止めだけで過ごしましょう。

もしどうしてもメイクが必要な場合は、クレンジング不溶の低刺激のメイク用品で薄く仕上げましょう。

洗顔は優しく

ノーメイクであればクレンジングや洗顔料すら不要です。もし上記の方法で薄くメイクをした場合は、低刺激の洗顔料を少量だけ使い、よく泡立てて決してこすらずに優しく洗います。

このとき熱いお湯を使うのは厳禁です。シャワーのお湯を直接顔に掛けるのもダメです。ぬるま湯を手ですくって、肌に刺激を与えないように優しく洗いましょう。

優しいタオルを

洗顔後に使うタオルは、柔らかく吸水性のよいものを使います。古くなった、ごわごわしたタオルはダメですよ。

保湿ケアはワセリンのみ

いつも使っている化粧水や乳液すら刺激になるかもしれない状態です。ワセリンをごく薄く塗るだけのシンプルケアにしましょう。熱く塗ると乾燥が進む恐れがありますから、べたつかない程度に、ごく薄く塗るのがポイントです。

かゆみが解消されてきたと感じたら、少しバリア機能が回復してきている証拠ですから、セラミド配合の保湿ケアで細胞間脂質を補ってあげるといいでしょう。

関連記事一覧