乾燥肌対策 足の乾燥に効くクリーム以外の対処法

なんで足は乾燥しやすいの?

足のすねは人の体の中でも特に皮脂腺の少ない場所です。皮脂腺が少ないということは、皮脂の分泌量が少ないということですから、当然、乾燥が起きやすくなります。

乾燥してかゆみが出て掻いてしまい、皮膚の表面が肌荒れしてさらに乾燥してかゆみがますという悪循環に陥りやすい場所です。

保湿クリーム以外の対処法

足は皮脂分泌量が少ないので、足の乾燥肌対策には保湿クリームでしっかりと油分をプラスしてあげることが大切です。保湿クリームでのケア以外にできることはないのでしょうか。

洗いすぎない

ナイロンのボディタオルにボディソープやせっけんをつけてゴシゴシと洗っていませんか?もし心当たりがあったら、今すぐにやめてください。

お風呂では皮膚が柔らかくなって無防備な状態になりますから、固いナイロンのボディタオルでゴシゴシこすると、肌に非常に大きな刺激を与えてしまいます。

ボディソープを使うなら、界面活性剤不使用の低刺激のものにしましょう。

それか、お湯で流したりお湯に浸かるだけでも体の汚れはほぼ落とせますから、乾燥が気になっているときは、ボディソープやせっけんは使わないという選択もあるということを覚えておきましょう。

お湯に浸かるときは、設定温度を38℃くらいにしましょう。40℃以上の熱いお湯に浸かると、それだけで皮脂はどんどん流れ落ちてしまいます。

お風呂から上がったとたんに乾燥がひどくなりますから、入浴はぬるめのお湯に10分程度と覚えておきましょう。

部屋の温度と湿度に気を使う

皮膚は温まると余計にかゆみを感じます。部屋の暖房の設定温度を上げ過ぎないように、また部屋の中では厚着になり過ぎないように気をつけましょう。

また、エアコンは部屋の湿度を著しく下げます。部屋の湿度が下がり過ぎないように、加湿器を併用するといいでしょう。

靴下やパジャマの素材を選ぶ

冬の乾燥する時期、どんな素材の靴下をはいていますか?乾燥肌の人は、吸湿性の高い綿100%の素材の靴下を選びましょう。ポリエステルなどの化繊は、チクチクとした刺激になることがあります。

同じように、寝るときは布団の中で体が温まってかゆみが出やすい環境になりますから、少しでも刺激がない素材のパジャマを選ぶようにしましょう。

飲み物に気を付ける

寒い冬は温かいものを飲みたくなりますね。ついついホットコーヒーばかり飲んでいませんか?

コーヒーは温かいものでも体温を下げてしまう作用がありますから、飲みすぎると体の新陳代謝を下げ、乾燥を促進してしまう恐れがあります。適量を心掛けるようにしましょう。

睡眠の時間に気を使う

22:00~2:00は、肌にとってゴールデンタイムだと聞いたことがありませんか?顔の肌はもちろん、全身のお肌のためにもこのゴールデンタイムに睡眠をとるようにしましょう。朝起きたときの肌の状態に差が出てきますよ。

関連記事一覧