乾燥肌対策はボディクリームだけ?敏感肌は生活の見直しを

乾燥性敏感肌って?

お肌は、角質層にしっかりと水分を保つことによって正常に働き、正常な皮膚は、気温の変化や乾燥、雑菌といった外部刺激からお肌を守るバリア機能を持っています。

このバリア機能は主に、皮膚の角層にあるセラミドという成分の働きです。しかしこのセラミドが乾燥によって不足しバリア機能が低下すると、お肌が敏感な状態になります。

これまでバリアできていた外部刺激からも守られなくなり、かゆみを感じたり、刺激によってかぶれたりといった肌トラブルを起こします。この状態が乾燥性敏感肌です。

乾燥性敏感肌を治すために生活の見直しを

乾燥性敏感肌を治すには、ボディクリームなどを使用して保湿し、セラミドを補うことはもちろん必要です。しかしそれ以外にも、ちょっとした生活習慣の見直しで改善できることもあります。

紫外線はNG

紫外線はお肌にとって刺激となり、乾燥を進ませます。夏はもちろんですが、冬も意外と紫外線は強いもの。UVケアは欠かさないようにしましょう。

部屋の乾燥に注意

自宅での冬の暖房は何を使っていますか。もしガスファンヒーターをお持ちならぜひ使いましょう。エアコンは、部屋を温めてはくれますが、空気を一気に乾燥させます。

ガスファンヒーターはガスを燃焼させることで部屋を温めますが、このガスの主成分は、燃焼すると水分子となって部屋を加湿してくれるのです。もしエアコンを使用する際は加湿器の併用を忘れずに。

またこたつや電気毛布は、長時間使用するとお肌の水分をどんどん奪いますから、ひどく乾燥を進ませます。こたつで寝るのは気持ちはいいですが、お肌のことを考えたら絶対にやめておきましょう。

食生活は大丈夫?

乾燥で悩む人が摂るべき栄養素は、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、たんぱく質、ビタミンCです。これらの栄養素はお肌のターンオーバーを整えてくれたり、健康な肌を作る手助けとなります。

逆に香辛料やカフェイン、冷たい飲み物は肌の乾燥を進ませますから控えましょう。

入浴はタモリ式入浴法

タモリ式入浴法って聞いたことありますか。簡単に説明すると、ボディソープやせっけんで体を洗わず、湯船に10分以上浸かるだけというものです。体の汚れの8割はお湯に浸かるだけで落ちるからです。

実際にこの入浴法を行っているタモリさんの肌はすごく美肌なんだそうです。この入浴法、乾燥性敏感肌の人にはぜひ実践していただきたい入浴法です。

ボディソープやせっけんの洗浄力は、乾燥肌の人には強すぎます。ボディタオルでせっけんをつけてゴシゴシ体を洗うのはお肌にとって相当な刺激になります。

また湯船のお湯の温度が熱いと、皮膚の表面の皮脂を落とし過ぎてしまい、カサカサに乾燥させてしまいます。湯船もシャワーも、お湯の設定はぬるめに設定しましょう。

生活習慣を見直したうえで保湿ケアを行おう

いかがでしょうか。乾燥性敏感肌の人はまず生活習慣を見直しましょう。そのうえで保湿ケアを行えば効果も高まり、お肌の改善につながりますよ。

関連記事一覧