乾燥肌対策はボディクリームで?メンズにオススメのクリーム

ボディクリームって顔に使ってもいいの?

顔も体も、全身の乾燥に悩んでいる人、特に冬には多いですよね。顔用のクリームと体用のクリーム、使い分けるのって面倒だなと感じたり、コスパが悪いと感じたりすることありますよね。

大容量のボディクリームを顔にも使えたらいいのにって思いませんか。ボディクリームって顔に塗ったらダメなんでしょうか。

ボディクリームが顔に向かない理由

ボディクリームには、乾燥に対する保湿成分だけでなく、堅くなった皮膚を柔らかくする成分が入っていることが多いので、体より皮膚の薄い顔にそういったボディクリームを塗ると、肌に刺激を感じたり荒れたりしてしまうことがあります。

また、人間の皮膚は部位によって吸収率が違います。体よりも顔の皮膚の方が薄く吸収率がいいので、病院で出される塗り薬でも、顔には体よりも成分の弱いものが出されたりします。

市販のボディクリームでも、香料などが顔用クリームよりも強かったり、皮脂を補う油分がボディクリームの方が多かったりします。そういった成分が、顔には強すぎて、刺激となってしまうこともあります。

逆に顔用クリームを体に塗ることには危険は少ないです。ただし、顔用クリームでは、体に塗っても効果に物足りなさを感じるかもしれません。

こうした理由から、顔用クリームとボディクリームは分けて使うことをおすすめします。

でもやっぱり分けるのは面倒くさい!という人へ

それでもやっぱりいくつものクリームを使い分けるのは、場所も取るし面倒だと感じる人向けに、顔にも体にも使えると公式に公開しているクリームをご紹介します。

ティモティア保水バリアクリーム

セラミドを液晶構造(脂質と水分が交互に層になっている状態)にする特殊技術を用い、水分をがっちりつかんだセラミドが角質層にしっかり浸透し、潤いを守ってお肌を保護、つまりお肌のバリア機能をサポートします。

また、もともと人の角質細胞にある、アミノ酸からできた天然の保湿成分と似たアミノ酸を配合し、保水力を高めます。

このクリーム1つで水分も油分も補えるため、洗顔後に化粧水や乳液などを使用せず、このクリーム1つで保湿ケアが終了するという点も、面倒くさがりな人向けです。

また、敏感肌の人向けに開発されたクリームなので、敏感肌の人は、体にも顔と同じようなケアが必要であるという考えのもと、高級クリームとほぼ同じ成分の処方ながら、パッケージを簡素化し価格を抑えていますから、顔にも体にも安心して使えます。

↓↓↓

ティモティア保水バリアクリーム♪

>>詳細はこちら!!<<

クラウンセルクリーム

角質細胞同士の隙間をつなぎ、外からの刺激に耐える肌を作る細胞間脂質に近い成分であるヒト型セラミドをたっぷりと使用し、保湿効果の高いクリームとなっています。

他にもγリノレン酸やヒアルロン酸など、たっぷりの保湿成分を配合しお肌のバリア機能を高めてくれるので、保湿された状態が長時間続くクリームです。

洗顔後は基本的にこのクリーム1つで保湿ケアが完了します。また、肌が本来持つバリア機能をサポートする効果が高いので、乾燥している体や手にも使用することができます。

↓↓↓

クラウンセルクリーム♪

>>詳細はこちら!!<<

入浴後は顔にも体にも使えるクリーム1つで保湿ケア完了

2つのクリームをご紹介しました。どちらも、顔にも体にも使えますし、顔に使用するときも保湿ケアがクリーム1つで終わるのがラクでいいですね。

これなら面倒くさがりなメンズでも毎日できるのではないでしょうか。クリーム1つで全身ケア、乾燥肌に悩むメンズは試してみませんか。

関連記事一覧