乾燥肌対策 顔が乾燥して起きる皮むけにはセラミド補給

乾燥でなぜ皮むけが起きるのか

肌の乾燥が進んで、水分を保持できず肌が荒れていると皮むけを起こします。乾燥によってかゆみを起こしているときは、無意識に掻いてしまうことで皮むけを起こすことも多いので注意しましょう。

皮むけしてる時って肌はどんな状態?

皮むけは乾燥が原因で起きますが、乾燥しているからといって水分を補えばよいというわけではありません。皮むけは、角質の肌細胞同士をつなぐ細胞間脂質が不足していることで起きる現象です。

健康は肌というのは、角質の肌細胞同士がきちんとつながれて定着しているので、肌をラップで覆うような役目を果たしていて、肌の奥の水分を逃がさないように守ることができます。

しかし乾燥が進んだ肌は、角質をつなぐ細胞が不足しているので、角質同士がきちんとつながらず、剥がれ落ちてしまいます。これが皮むけの正体です。

つまり皮むけの状態の肌に足りていないものは水分ではなく、水分を保つことができる細胞間脂質なのです。

皮むけを改善するにはどうすればいいのか

肌を覆って水分が逃げないように守る細胞間脂質が剥がれ落ちてしまっている状態なので、いくら化粧水で水分を与えても、その水分を肌に保つことができないので、化粧水を塗った直後しか潤わず、無意味です。

まずは水分を保つことができるように、細胞間脂質=セラミドを補給してあげることが第一です。

セラミドを補給するには?

セラミドの入ったケア製品を使う

人の細胞間脂質の50%がセラミドです。ですからそれが不足しているなら、セラミドを美容液などで補うことが一番手っ取り早いですね。

外からのケアでセラミドを補ってあげると、めくれやすくなっている角質同士をつなぐ接着剤としてすぐに働いてくれます。ですからすぐに肌は落ち着くはずです。

皮むけを起こしたら、セラミドの配合されたケア製品を選びましょう。

洗いすぎない

セラミドは油分です。肌にも本来、肌自身が持つ皮脂という油分があります。しかし、女性は特に、クレンジングをして洗顔もして…と洗いすぎてしまう人も多いのです。

もちろん汚れを落とすことは大切ですが、必要な皮脂まで奪ってしまうと皮むけはひどくなります。皮むけで悩んでいる人は、今より2割程度、洗顔の時間を短くするだけで変わってくるはずです。

必要以上に肌を触らない

皮むけを起こすと、気になってどうしても肌を触り回数が増えてしまいます。ですが皮むけは肌荒れを起こしている状態ですから、これ以上の刺激を与えないように、なるべく触らないように意識しましょう。

セラミドの入ったケア製品を使用するときも、セラミドは非常に浸透しやすい成分なので、しつこく塗りこんだり、コットンでパッティングする必要はありません。

肌に余計な刺激を与えないように、手でサッと優しくなじませるように使いましょう。

関連記事一覧