乾燥肌対策!顔に化粧水をつける正しい方法

2種類のつけ方

化粧水は手でつける人とコットンでつける人がいますよね。どちらの方法でもお好みによって決めて構いませんが、自分が正しく化粧水を使えているのか、確認してみましょう。

手でつける場合

手で化粧水をつける正しい方法

手でつける場合、まずは手が清潔でないと顔に雑菌が付着してしまいますから、手をせっけんで洗うことから始めましょう。

手を洗ったら、化粧水のボトルに記載されている適量の半量程度を手に取り、温めるように手の平全体に広げます。

化粧水が体温で温まったら、顔に広げていきますが、まずは乾燥しやすいUゾーンからつけ始め、その後にTゾーンへと広げます。

おでこや頬などの面積の広い部分は手の平全面を使って塗りますが、目もとや鼻の脇などの細かい部分は指の腹を使って塗り残しのないように広げます。

初めに手の平に取った適量の半量を塗り終わったら、もう半量を手の平に取り、同じように手の平の体温で温めてから、乾燥が気になる部分に塗り重ねます。

目もとや小鼻の細かい部分はもう一度、指の腹を使って念入りに塗りましょう。一度に塗るのではなく、2~3回に分けて塗ることで、肌に化粧水がより浸透しやすくなります。

最後に10~15秒ほど、手のひらを漬かってハンドプレスしてあげることで、手の平の体温が伝わってさらに化粧水の浸透力が高まります。ハンドプレスした手の平が肌に吸い付く感触になったら、化粧水が浸透したサインです。

手でつけるメリット

肌への摩擦を起こさずに塗ることができ、体温で化粧水の浸透力が高まります。また、自分の手の平で直接肌に触れることで、自分の肌の状態を確認できるということもメリットでしょう。

手でつけるデメリット

手の平の凸凹と顔の凸凹はもちろん形が違うので、細かい部分への塗り残しが起こりやすくなります。また、清潔でない手で使用すると、手の雑菌が顔に付いてしまい、肌トラブルの原因となることもあります。

コットンでつける場合

コットンで化粧水をつける正しい方法

コットンは人差し指と小指または薬指で挟んで持ち、適量の化粧水をコットンに染み込ませます。このとき、厚いコットンだと適量では足りないことがあります。

コットンの裏側まで化粧水が浸透するくらいが適量ですので、化粧水のボトルに記載された量にとらわれずにたっぷりと染み込ませましょう。

まずは顔の中心から外側に向かって、丁寧に押し当てながら化粧水をつけていきます。小鼻や目もとの細かい部分も忘れずに塗りましょう。

乾燥が気になる部分には、さらに化粧水を足したコットンを数枚にはがして、コットンパックをしてあげると、より化粧水が肌に浸透してくれます。

コットンで化粧水を塗り終わったら、手で付ける場合と同様に10~15秒のハンドプレスをお忘れなく。子の半戸プレスをすることで、手の平に肌が吸い付く感覚があれば化粧水の塗布は終了です。

コットンでつけるメリット

コットンを使用することで、細かい部分への塗り残しが少なく、コットンパックをすることで浸透力を高められます。また、雑菌が肌につく心配もなく衛生的です。

コットンでつけるデメリット

人によっては、コットンの繊維が肌にとって刺激となる場合があります。また化粧水をコットンにしっかりと染み込ませて使うため、化粧水の使用量が増える傾向があります。

どちらの場合も注意すること

化粧水をつけるタイミング

洗顔をしたら、何よりも先にすぐに化粧水をつけましょう。洗顔後は肌の皮脂がなくなって乾燥している状態です。そのまま放置すると、乾燥が進んで化粧水のなじみが悪くなります。

洗顔後、タオルで水分を拭き取ったらすぐに化粧水を使いましょう。

乳液を使う

化粧水をしっかり馴染ませたら、乳液で潤った肌に蓋をするのを忘れないようにしましょう。このとき、化粧水が肌にしっかりと馴染んでから使うようにしてください。

肌の上に馴染んでいない化粧水が残っている状態で乳液を使うと、お互いが混ざり合ってしまいそれぞれの効果を発揮できません。一つずつ手寧に使用することを心掛けましょう。

関連記事一覧