乾燥肌対策 体用クリームの選び方

乾燥肌にはこんなクリームがぴったり

乾燥肌に効果のあるボディクリームについて解説します。

セラミド配合のクリーム

乾燥した肌は、肌の水分が不足しているばかりか、水分を閉じ込めておく機能までもが低下しています。この状態ではいくら潤いを与えても、すぐに蒸発してしまい保湿されません。

この、水分を閉じ込めておく機能を正常化するには、セラミドを補給してあげることが一番の近道です。

セラミドは角質層の細胞間脂質に含まれる成分で、乾燥している状態の肌というのはこのセラミドが減っている状態なので、クリームでセラミドを補給してあげると、水分を保つことのできる肌へと変化していきます。

無添加のもの

乾燥肌の人は肌が敏感な状態になってしまっていることが少なくありません。ボディクリームには様々な美容成分が配合されていますが、余計なものが配合されていないボディクリームを選びましょう。

香りのよいものは使っていて気持ちがいいですし、リラックス効果も期待できておすすめですが、天然の植物オイルなどで香りづけされたものを選びましょう。

合成着色料や香料が使用されているものは、肌への刺激となりえますから避けた方がいいでしょう。添加物などにも注意して、購入する際は必ず成分表をじっくりと見てください。

天然の成分だけで出来ているクリームだったら、乾燥で敏感になっている肌にも安心ですね。

テクスチャーは好みで

ボディクリームにはクリーム状のもの、ローションタイプの物など、様々なテクスチャーのものがあります。成分としては、クリーム状やオイルタイプの物の方が油分を多く含んでいることが多いので、保湿力は高いでしょう。

しかし、広範囲の乾燥が気になる場合は、硬いテクスチャーのものは塗りにくく、塗り広げるときの肌への摩擦も、肌への大きな刺激となるので心配です。

ですから、部分的なひどい乾燥にはクリーム状のもの、広い部分へ塗るときは緩めのテクスチャーのものにすると、ストレスなく使用できるでしょう。

またどのタイプでも、肌への摩擦による刺激を避けるために、伸びのよいものを使用しましょう。

塗り方にも気を付けて

ボディクリームを塗るタイミングは、入浴後すぐです。顔の肌と同じで、入浴後の体の肌も、無防備で、肌が柔らかくなっています。

ここにすぐにボディクリームを塗ってあげることで、保湿成分が浸透しやすくなり、効果を強く実感できます。

時間を置くと、無防備になった肌からどんどん潤いは逃げていきますから、入浴後すぐのタイミングを逃さないように気をつけましょう。

関連記事一覧