乾燥肌対策 かゆみの予防には入浴後すぐにクリームを使おう

乾燥肌でかゆみはなぜ起こる?

肌が乾燥してちょっとかゆいなと思い始めたとき、無意識に肌を掻いてしまいますよね。そうすると肌は、表皮が荒れてちょっとした刺激にも過敏に反応する状態になってしまいます。

また、かゆみを感じる神経が表皮の近くまで出てくるので、かゆみを強く感じるようになります。このときさらに掻くことを続けると、かゆみの原因であるヒスタミンを誘発する物質が出て、さらにかゆみを強くします。

掻けば掻くほどかゆみが悪化すると感じるのは、この悪循環が原因です。

かゆみを起こさないために

かゆみを起こさないためには、乾燥を防ぐことが最も効果的です。人は歳を重ねるほど、肌の保湿性が低下して乾燥肌になりやすくなります。

例えば、すねが白っぽくなってきたり、靴下が落ちると感じるようになったら、それは乾燥肌が始まっている証拠です。乾燥を防ぐために簡単に出来ることから始めましょう。

入浴はぬるめのお湯で

入浴はお湯で肌が濡れている状態なので、潤っているのでは?と錯覚しがちですが、熱いお湯は肌を痛めます。入浴は40℃以下のぬるめのお湯で行ってください。熱いお湯は肌表面の皮脂を奪い取ってしまいます。

体を洗うときの注意

かゆいからといって、ナイロン製のボディタオルで、せっけんをつけてゴシゴシと体をこすっていませんか?入浴によって肌が柔らかくなった状態のときにこすると、肌の表面がはがれてしまいます。

肌が敏感になっていると感じたら、ボディタオルも石鹸も使わないほうがいいでしょう。お湯に10分ほど浸かるだけで、肌の汚れはほとんど落とせます。

優しく拭く

入浴後、バスタオルでゴシゴシとこすって体を拭いていませんか?拭くという行為は体の表面についた水分を取るのが目的ですから、潤いまで落とさないように、軽く押し当てるようにして優しく拭きましょう。

すぐに保湿ケアを

入浴後、バスタオルで水分を拭き取ったら、まだ肌がしっとりしているうちに、すぐにクリームで保湿ケアをしてあげましょう。

入浴によって体が温まっているので、時間が経つと、肌の水分がどんどん蒸発していきます。ですからまだ肌がしっとりしているうちにクリームを塗って、潤いを補充して、潤いが逃げないように蓋をしてあげることが重要です。

肌の状態は人それぞれなので、成分をよく見て、自分の肌に合ったクリームを選ぶことも大切です。

関連記事一覧