乾燥肌対策 子供の乾燥肌はなぜ起こる?

子供の肌はデリケート

大人の肌と比べて、子供の肌の特筆すべきは、皮膚が薄いことと、水分量が多いことです。皮膚の厚さは大人の1/2、水分量は80%といわれています。

大人の肌の水分量は65%程度といわれていますから、いかに子供の肌が大人に比べてデリケートかが分かります。

さらに子供の肌は皮脂の分泌量が安定しておらず、角質層も薄いので、バリア機能が発達しきれていない状態です。肌のバリア機能が未熟だと、空気中の汚れや温度差といった外部からの刺激に非常に弱くなります。

この点においても、子供の肌がいかにデリケートであるかが指摘できます。

子供の肌は水分たっぷりなのに乾燥肌?

皮脂量が少ない

子供の肌は上に記載した通り、水分たっぷりです。しかし皮脂の分泌量は不安定で、大人に比べて非常に少ない状態の時もあります。

皮脂の分泌量が少ないと、肌のバリア機能がますます低下しますから、角質層の水分が蒸発しやすくなったり、外部からの刺激によって肌がかゆくなり、掻くことによってそれがまた刺激となり、乾燥肌になってしまうという悪循環に陥ることも少なくありません。

汗対策のし過ぎ

子供は新陳代謝が活発ですから、大人に比べてよく汗をかきます。夏には特に多くの汗をかき、汗により汗腺が詰まってあせもとなることがよくあります。

このあせもを防ぐために、汗をかくたびにシャワーを浴びたり、タオルでゴシゴシと拭いたりさせてしまいがちです。こうしたあせも対策が、ただでさえ少ない子供の皮脂をさらに奪い去ってしまいます。

皮脂が少ないとバリア機能がどんどん低下しますから、乾燥肌へとつながってしまうのです。

子供の乾燥肌対策

洗いすぎない

子供の肌は皮脂分泌量が少ないので、その少ない皮脂を守ってあげるために、ゴシゴシと洗いすぎることは禁物です。必ず低刺激の石鹸やボディソープを少量だけ使うようにし、よく泡立てて使用するように心がけましょう。

長時間お湯に浸からない

お湯に浸かるという行為は肌表面の皮脂を奪い去ります。体を温めることは大切ですが、乾燥が気になるときは長時間浸からないようにしましょう。

また熱いお湯に浸かることは、余計に皮脂を肌から奪い去ってカサカサになるので厳禁です。必ずぬるめの温度設定にしましょう。

保湿ケアをする

子供も使える低刺激の保湿クリームやワセリンなどを入浴後に塗ってあげましょう。手の平で保湿剤を温めてから、優しく塗り広げてあげます。

お母さんやお父さんの手で保湿ケアをしてあげると、子供は喜びますし、いいコミュニケーションの時間にもなりますよ。

爪を切る

「掻いてはダメ」といくら言っても、かゆければ掻いてしまうのが子供というもの。少しでも肌を傷つけないために、また肌に刺激を与えてバリア機能を低下させないために、爪は常に短く切っておきましょう。

関連記事一覧