乾燥肌対策 ボディクリームを正しく塗って全身美肌に

ボディクリーム塗ってますけど…

毎日なんとなく塗っている人が多いであろうボディクリーム。その「なんとなく」は、もったいないかもしれません。ボディクリームの効果を最大限に引き出すために、正しい塗り方を知りましょう。

ボディクリームの効果的な塗り方

いつ塗るか

入浴後にタオルで体を拭いた瞬間から、お肌はどんどん乾燥が進みます。ですからボディクリームを塗るベストなイミングとは、入浴で肌が柔らかくなった入浴直後です。

バスタオルで体を拭かずに、さっと体の水分を払ったら、濡れたままボディクリームを塗るのがおすすめです。ボディクリームが簡単に伸びるので、とても塗りやすくて、全身に塗るのがラクになりますよ。

ボディクリームを塗った後に、体に残る水分が気になるようなら、バスタオルでこすらず、優しく押し付けるようにして水分を吸収させましょう。

どのくらい塗るのか

ボディクリームのボトルなどに適量が記載されているものもありますが、ここでは一般的なボディクリームの適量をお伝えします。

1パーツあたり、100円玉1つ分くらいから塗ってみましょう。極端に乾燥しているときなら500円玉サイズでもいいでしょう。

最初から大量に塗るのではなく、適量を塗って、しばらく時間をおいてまだ乾燥が気になるようなら重ねて塗るという方法の方が、ボディクリームの保湿力を存分に感じられるでしょう。

体の中で特に乾燥しやすい部分は、足、腕などです。ひじやひざは特に乾燥しますから、重ね塗りがおすすめです。

もちろん、季節やその日の生活環境で肌の状態は変わってきますから、毎日自分の肌の状態と相談しながら適量を見つけていくといいでしょう。

どんなものを塗るか

肌の保湿ケアには様々なアイテムがあります。化粧水のようなタイプは、水分は補給してくれますが、水分で潤った肌に蓋をする役目の油分が含まれていませんから、1アイテムでのケアをするなら化粧水は向いていません。

ボディクリームには保湿成分とともに、肌を保護する油分も含まれています。乾燥肌の人には濃いめのクリームタイプがおすすめです。

もちろん乾燥肌の人でも、季節によって肌の状態は変わりますから、夏は緩めのテクスチャーのもの、冬はこっくりとしたテクスチャーのもの、とアイテムを変える方がいいでしょう。

塗るときにいい香りがするものも、アロマ効果も期待できるのでおすすめですが、香りは植物オイルなど、天然のものでつけられているボディクリームを選びましょう。

香料を使用しているボディクリームは乾燥肌にとっては刺激になる恐れがあるので、購入するときは必ずパッケージの成分表を確認しましょうね。

関連記事一覧